当サイトは賃貸物件や不動産会社の仲介業などに関するいろいろな情報を紹介していくサイトです。

賃貸だけでなく売買も含め、賃貸仲介業を行っている不動産会社のどこを見て選べばいいのかということについても、いろいろ紹介していく。賃貸物件探しをこれから行う方などは、賃貸仲介業の不動産会社について勉強してぜひ参考にしてみてください。ログハウスについても知ることは大切です。ログハウスといえども、不動産投資を行う際には立派な物件なのです。それぞれの物件の特徴を知ることにより、色々なパターンや時代に対応できるような不動産投資を行うことが出来るのです。ですから、ログハウスと言って侮っていてはいけません。

不動産会社の賃貸仲介業を知る

賃貸物件などを探す際、不動産の賃貸物件を紹介して契約を仲介する仲介業を行っている仕事のことで、アパートやマンションを始め、店舗や事務所、駐車場や倉庫まで、または貸家などの賃貸可能なものなら何でも紹介してくれるので、物件選びに困っている人たちにとって不動産仲介業はとてもありがたい仕事なのである。

賃貸仲介業

賃貸仲介業という仕事は、小さな規模で経営する町の不動産屋などでよく行われていて、固定収入のもの。不動産の売買をしながら、その片手間として賃貸物件の仲介業を行ったり、または賃貸の仲介業が専業だったりする。仙台の賃貸物件を扱ってる不動産屋さんは賃貸中開業ですね。仙台賃貸物件や大分物件の情報のそれぞれ土地柄に詳しい方からの説明は信憑性が高いです。

この不動産の賃貸仲介業で仲介を行うのは、借り手へ賃貸や売買の物件を紹介して契約を交わすことで、仲介業の収益として仲介手数料を受け取る。

賃貸物件を例にして詳しく見てみると、賃貸中開業は不動産の貸し借りの仲介をすることが主な業務だが、仲介業というその業務はまず賃貸物件を所有している持ち主から預かる。そして、賃貸情報をチラシなどの広告で掲載し、賃貸物件の借り手を募集する。借り手が無事見つかったならその借り手となる方と賃貸借契約という契約を結んで、仲介業の収益としてそこで仲介手数料を賃貸物件の持ち主から受け取る。これが賃貸や売買の仲介業における収入となる。

一人で賃貸などを探すことは時間や手間などを考えるとなかなか難しいもので、そのお助け係として仲介業をしている不動産賃貸仲介業者が手伝ってくれる。では、どこの不動産賃貸仲介業者に仲介業を頼めばいいのだろうか?

仲介業を行う不動産賃貸仲介業者はたくさんあって、不動産賃貸仲介会社によって仲介業にもそれぞれ特徴がある。また、仲介業の対応が不親切な不動産賃貸仲介会社も少なからず存在し、仲介業に関するトラブルも後を絶たない。

不動産会社の違い

仲介業をおこなうのは賃貸だけを扱っているのが不動産会社ではないことは既に説明した。それでは、仲介業を行う以外にそれぞれどんな違いがあるだろうか?

賃貸や売買の情報を知るためには、まずは仲介業を行う不動産会社の種類から知ることが重要になってくる。

というのは、賃貸や売買物件の仲介業を行う不動産仲介会社によっても取り扱っているものが違う。そのため、自分が望んでいる賃貸・売買の仲介業を行っている不動産仲介会社を選ぶ必要がある。

仲介業を行う会社を選ぶための一つとして、分譲会社と呼ばれる不動産会社がある。これは、土地を買収して、家を建てて利益を上乗せして販売する。そして二つ目の不動産会社としては、買い取り不動産会社。この会社は中古のマンションや一戸建てなどを買い取り、それを販売している。買い取りのみの専門というより、他の不動産業との兼業で行う会社の方が多いかもしれない。

賃貸の仲介業を行う不動産業者はさまざまな種類がある。賃貸の仲介業はしていない所ももちろんあるが、大きく以下の種類に分けられるので、簡単な紹介をしてみよう。

賃貸専門の不動産会社

賃貸だけを紹介し、賃貸情報を載せた専門誌を発行していて、駅の近くの電柱などに広告のチラシを取り付けるなどして借り手を募っている。主な取り扱い物件としては賃貸マンションやアパート、貸家が専門の仲介業者。

大手不動産会社

全国に幅広く支店を持っていて、賃貸、売買も扱う。住宅を主に扱う仲介業者。

地元密着型の不動産会社

賃貸物件、売買物件のどちらも扱っていて、地域の情報には精通している仲介業者。

大手開発業者

分譲マンションや大規模な団地などを造成して分譲している不動産会社。ディベロッパーとも呼ばれる。

開発業者

自社では仲介業をあまり行わずに、土地を購入して建売住宅を供給する不動産会社。

競売専門の不動産業者

権利関係の複雑な競売物件を購入して、その権利関係などを整理した後に一般の顧客に仲介業をおこなう者を経て販売する。

地上げ

古くなったアパートなどを購入し、その住民を退去させ、その土地を更地にして開発業者へ販売する。また、小さな土地を少しずつ買収し、土地が大きくなってから売却をする。

そのほかにも、不動産の売買するための免許を取得せずに仲介業を行っていたり、債権物件やその他の問題のあるものを専門としている所や、他にも細かくたくさんある。

賃貸を扱う不動産会社

賃貸物件を探す際、まず一番に始めておくのが、引越し先にある不動産仲介会社を探すこと。いい不動産仲介会社との出会いこれから先の流れをスムーズにする。

まず、不動産仲介会社を選ぶときはその会社が「不動産免許」を取得しているか確認をしよう。よく、不動産仲介会社の情報が載っている情報誌やチラシなどで、会社名の後ろに「沖縄県都知事(8)第○○○○号」の番号のようなものが書かれている。これが不動産免許。説明すると、沖縄県の都知事から受けたものであり、()の中の数字には8とあるので更新回数が7回ということが書かれている。最後にある番号は免許発行時の通し番号なので気にしなくて問題ない。

おすすめWEBサイト 5選

株式会社NEXER

最終更新日:2016/8/2